中古パーツ

リサイクル部品を利用して低価格な修理

現在、年間で約350万台程度のクルマが廃車されています。近年、この最終処分場の容量が不足してきたこと、処分費用が高騰してきたことなどから、廃車の不法投棄・不適正処理の懸念が生じていました。 また、フロン類は、きちんと回収処理されないとオゾン層破壊や地球温暖化問題を引き起こす要因となってしまうこと、さらに、エアバッグ類は自動車解体時に専門的技術が必要とされることなどから、これらを適正に処理するため、新しいクルマのリサイクルの仕組みとして自動車リサイクル法が作られました。(経済産業省ホームページより抜粋)廃車の使える部品を「リサイクルパーツ」として利用することは新たなエネルギーを使用せずにそのまま再利用するということで費用も抑えられ、環境にもやさしい方法です。

フロントフェンダー、ボンネット、ヘッドライト、フロントドア、リアドア、トランク、リアゲート、テールレンズ、シート、ランプ、フロントバンパー、リアバンパー、サイドステップ、トリム ミッション、エンジン、サスペンション、マフラー、ホイール、その他

 

※ただし、車種によってパーツがない場合がございますので詳しくはお問い合わせください。

TEL(0795)74-2071